« ホテルみたいなバスルーム | トップページ | 粘土の自然塗料D.I.Y. »

本物の表具職人

今日は当社の表具の仕事をしてくれている職人さんを紹介します。

伊藤さん。
3月21日、22日と神戸で行われる全国技能大会の表具部門に神奈川県代表で出場すると聞いて訪ねて来ました^^

いろんなものを見ながらいろいろお話させていただきました。
これが今回大会当日2日間述べ9時間の時間内に作る作品。
200903181710000
三枚で構成されている一番左は襖、真ん中は掛軸、右は屏風の造りになっている。
当日は一から作り上げていくから大変な作業です。
写真ではわかり辛いですが、素晴しい作品です。
一流の職人でしか出来ない技術です。

今は、古い屏風や掛軸などの打ち直しをまともに出来る職人さんは一握り...
そんな中の一人が今回紹介する伊藤さんです。

知識と腕が伴った伊藤さんと仕事が出来る事がとても嬉しいです。

こんな事も出来ちゃうんですよ^^
200903181718000

200903181720000

これは「ほご」(漢字の書き方はわからないですが...^^:)を使った照明

「ほご」は写真にある昔の本の紙のことです。

張る!事に対しての技術の素晴しさを改めて感じました。

技能大会頑張ってください!^^

|

« ホテルみたいなバスルーム | トップページ | 粘土の自然塗料D.I.Y. »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本物の表具職人:

« ホテルみたいなバスルーム | トップページ | 粘土の自然塗料D.I.Y. »